カーセンサーネットの一括査定は迷惑な営業電話がこない!査定結果はメールで通知。

最近ネットで一括査定をする人が増えています。

なかでも「カーセンサーネット」は利用者が急激に増えています。

カーセンサーネットの人気の秘密を紹介します。

ネットの一括査定は高く売れるお店が探しやすい

車を高く売るコツは、自分の車をほしがるお店に売ることです。

当り前のように聞こえますが、これが難しいんです。

お店によって買取りたい車種も違います。

どのお店がどの車種をほしがっているかは、査定をしてみないとわかりません。

買取店を回るのは効率が悪い

従来のようにお店に持ち込むスタイルでは、1日に数件程度しかまわれません。

査定には数時間かかるのが一般的です。また、近くにお店が何軒もあるとは限りません。

たった数件のお店の中に自分の車を高く買い取ってくれるお店があるでしょうか?

ネットの一括査定なら高く買いとってくれるお店がわかる

ネットの一括査定では、申し込んだ後にそのお店の簡易的な査定額を知ることができます。

簡易査定額をみてから本査定をするお店を選べば、高く買ってくれるお店だけに本査定をお願いすることができます。

この効率のよさと手軽さがネットの一括査定の人気の理由です。

ネットの一括査定は便利だけどデメリットも多い!

手軽で便利な仕組みですが、ネットの一括査定にはデメリットがたくさんあります。

ネットの車の一括査定の問題点

申し込み後の電話勧誘がヒドイ・・・

ネットの買取一括査定に申し込むと必ず買取店の営業が電話をかけてきます。

申し込みとほぼ同時にかかってくることもあり、早朝や深夜でもお構いなしにかけてくるため問題になっています。

「他のお店より先に査定させてほしい」という内容ですが、申し込んだ直後なので簡易査定の結果もわかっていません。

これでは、ネットで一括査定を申し込んだ意味がありませんよね。

相手はプロですので、本査定を断るのも大変です。ストレスもたまります。

この営業電話は利用者にとっては不評ですが、加盟店にとっては死活問題なのでなかなか無くなりません。

営業電話がこない買取サイト

業績をあげるためとはいえ、しつこい電話はネット査定が敬遠される原因にもなります。

そのためいくつかの買取サイトでは、しつこい電話勧誘対策をしています。

そのなかでも、「カーセンサーネット」は以前から電話とメールの連絡方法を準備しています。

カーセンサーネット(カーセンサー)のメリット

カーセンサーネットは、600以上の加盟店をもつ業界最大手の車一括査定サイトです。

最近は「カーセンサー」としてCMもバンバン流しています。

一度の査定で最大30社に見積もりをお願いすることができます。

買取店が多く多種多様の需要がある

カーセンサーネットには、大手の買取店だけでなく、小さな買取店も多数加盟しています。

規模が違うということは、ほしがる車種も多種多様になります。

そのため、大手ではあまり高く買い取らない車種や古い車でも高い買取がでることがあります。

電話ではなくメールによる連絡

カーセンサーネットは、いち早く電話勧誘の問題にも取り組んでおり、電話とメールによる連絡方法を採用しています。

カーセンサーネットのメリット

申込フォームを参考にカーセンサーネットのメリットを紹介します。

最初に郵便番号と簡単な車の情報を入力します。

そうすると、近くの買取店が表示されます。

そこから、買取査定をお願いするお店を選ぶことができます。

MEMO
一括査定をするお店を選べるのはカーセンサーネット独自の仕組みです。評判の悪いお店などを査定から外すことができます。

詳細を開くと詳しい情報がわかります。

このときメール連絡OKというお店を選ぶのがポイントです。

その後、車の詳しい情報と連絡先を入力していきます。

次にお客様情報を入力

入力したら任意項目を開いて

連絡希望時間帯に「メールのみで連絡希望」と入力します。

100%電話がこないわけではありませんが、多くのお店が希望に応じてくれます。

注意
ガリバー、カーチス、ビッグモータースなどの大手の会社は、申し込みと同時に電話がかかる仕組みになっているそうです。査定店を選ぶときにこの3つは外しておきましょう。

・加盟店が多いから高額査定が期待できます。

・他で査定がつきにくい車には特におすすめ。

・迷惑な電話勧誘を極力避けることができます。


詳しくはこちらから

 

オークション形式の車の買取:ユーカーパックもおすすめです。